ハンディクリーナーのコストパフォーマンスが良いモデルは?安くて使いやすいエレクトロラックスハンディ掃除機

パナソニックふとん掃除機MC-DF100の吸引力に注目|なんとハンディクリーナーを超えちゃった!!

パナソニックのふとん掃除機MC-DF100は高性能ハンディクリーナーとして使える!!

パナソニックのふとん掃除機MC-DF100

 

 

『ハンディクリーナーを購入しよう!』と、色んなサイトを見ていても
検索の結果には【パナソニックふとん掃除機MC-DF100】は出て来ません!

 

 

その理由は簡単でパナソニック自身も、
MC-DF100をふとん掃除機として購入されるのを見込んでいるからです!

 

 

このパナソニックMC-DF100の機能を細かく見てもらえれば、
この掃除機がいかにハンディクリーナーとして高性能な掃除機なのかが
解ってもらえると思います。

 

 

 

まずは、パナソニックが作成した【パナソニックふとん掃除機MC-DF100】を紹介する動画を
見て下さい。

 

 

 

 

 

この動画を見ても、ふとんをキレイにできる!!
そんな内容の動画として制作されていて、ハンディクリーナーとして使った時の能力については
ほとんど触れられていません・・・
(ハンディクリーナーとして使えますよ!程度の紹介です)

 

 

 

これは、パナソニックとしては販売戦略のたて方のミスではないですかね?

 

 

パナソニックふとん掃除機MC-DF100の吸引力をあらわす吸引仕事率は、あのダイソンDC61をも超える
数値を叩き出しているんですから!!

 

 

単純に『吸引仕事率が高い=ゴミをたくさん吸い取れる』とは言えませんが、
この数値が低ければ吸引能力は低いと考えて間違いありません。
(特にダイソンは独自のルートサイクロン技術の弊害で、数値が低めに出る傾向にあります)

 

 

実際に両メーカーが公表する吸引仕事率の数値はこうなっています。

 

ハンディークリーナー比較

ダイソンDC61MH:100W

 

ハンディークリーナー比較

パナソニックMC-DF100:180W

 

 

 

MC-DF100吸引仕事率

これは、ダイソンの特性による弊害を差し引いても、

MC-DF100は高い能力を持つと言えるでしょう。

 

 

ハンディクリーナーとしてもふとん掃除としても高い性能を持ち合わせているのは、
今はダイソンDC61MHとパナソニックMC-DF100の
2機種だけです。

 

 

 

 

ハンディクリーナーの購入目的として、『布団も掃除出来たらいいなぁ』
そんな考えを持っているのでしたら、【パナソニックふとん掃除機MC-DF100】も
候補に入れて見てはどうでしょうか?

 

 

 

ふとんやカーペットの上を掃除する時には、抗菌W回転ローラーヘッドを使えば
ダニや埃を叩き出しながら強力に吸引できます。
MC-DF100抗菌W回転ローラーヘッド

 

 

 

そして、床や狭い隙間を掃除したい時には、付属の小型ノズルや隙間ノズルに付け替えれば
ハンディクリーナーとしてMC-DF100の強力な吸引力を活用していただけますよ!!

MC-DF100付属ノズル

 

 

 

ここまで、【パナソニックふとん掃除機MC-DF100】の事を紹介してきました。
これを見て、>『何だ!こんな掃除機もあったんだ!!』とすごく興味を持っていただいた方も、
きっと居られるでしょう!
勝手にそう思っています(笑)

 

 

 

ただ1つだけ伝えていない重要な事があります。

 

 

 

それは、【パナソニックふとん掃除機MC-DF100】には電源コードが付いているんですね!

 

ですから、屋外に持ち出して車の車内清掃に使いたい方の使用は無理です。

 

 

でも、屋内での使用に限定することが可能な方には、隠れたオススメの掃除機です。

 

 

 

 

パナソニックふとん掃除機MC-DF100の詳細を知るには、

こちらのボタンを゛クリック゛して見て下さい。

ハンディークリーナー比較

楽天販売ページ

 

 

 

 

コードレスクリーナーを吸引力で比較へ戻る

トップページに戻る<<

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
吸引力の比較 便利さの比較 コストパフォーマンスで比較 モデル別の詳細情報